借金400万してブログはじめました

FXで借金400万円の返済記録と備忘録

マンションのグレードとその住民層

今回は借金ネタと少し違うネタのお話をしようと思います。


私は今、賃貸マンションに住んでいます。

月々の家賃は8万9000円です。


妻の実家が近く(隣の駅)にあり、義理のご両親がそこに住んでいます。


そのマンションは分譲マンションで20年近く前に売り出されたものですが、駅近&ここ最近の駅前再開発のため空室を賃貸すると、14万円くらいになります。


もちろん、家賃の違いは間取りと立地の違いにもよるところがありますが、義理のご両親の住んでいるマンションの方がグレードは高いです。


義理のご両親と仲良くさせてもらっていることもあり、頻繁にマンションに遊びに行くのですが、そこに住んでいる人達は、一階の共用スペース、玄関などですれ違うと必ず挨拶をしてくれます。


かたや、私の借りているマンションでは、玄関のエレベーターで出くわしても、挨拶されること、挨拶をしても返されることはあまりありません。


全員ではないですが、大半の人がいつもムッとしています。



そーいえば、他にも思い当たる節がありまして、当時、私の通っていた男子校の話になります。


私の通っていた男子高はお世辞にも偏差値の高い高校ではありませんでした。


山奥に隔離?された高校だったのですが、時折外部から来校者が訪れます。


ガラの悪い男子校だったこともあり、また珍しさもあり、生徒はよく来校者に対して、挨拶代わりにガンを飛ばしていました。笑


そのため、あまり評判のいい高校ではなかったのですが、私が高校を卒業する年になって、急に男子校から共学となり、それに伴い誰もが知る有名私大の附属校(推薦枠でその有名私大に行けるよう)になりました。


卒業してから、数年後、ふとした思い付きで、当時の担任やお世話になった先生に会いに行こうと高校を訪れたのですが、その時に当時からの変わりようにビックリした思い出があります。


かつては挨拶代わりにガンを飛ばしているような高校だったはずなのに、私が訪れたときには、ちょうど部活をしていた学生が、私を見つけるや否や、元気よく挨拶をしてきたのです。


当時の高校からは想像もできないような事だったので、面を喰らった私は小声でしか挨拶を返せませんでした。


あとで当時の担任にこの事について話を聞くと、ちょうど私が卒業して共学&有名私大の附属となった年から、大きく変わっていったそうです(偏差値もだいぶ上がりました)


ここからは、完全な私の偏見ですが、やはり所得とその人の人格(素養や教養)はある程度比例するものなのかなと思います。


私は借金をしており、更にはそれが3度目という事で、断じてカスな部類ですが、人格まで落ちると救いようのない人間になってしまいますので、他人の振り見て我が身を直せではないですが、身の回りにいる人(親族、会社の同僚など)にはしっかりとしていこうと反省する今日この頃です。