読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

借金400万してブログはじめました

FXで借金400万円の返済記録と備忘録

4月の給料

4月の給与が入りました。

 

総支給額で351,583円でした。

 

そこから厚生年金や健康保険などが差し引かれて、手取りは283,676円。

 

厚生年金だけで3.5万円近くも引かれていました(ノД`) 高い…

 

今月も、ここから家賃8.9万円、カードローンの借金6.8万、クレジット5.3万を返済に充てるので、手元に残るのは7万円ちょっとです。

 

支出は月に何回もあるのに、収支が月に1回しかないのが辛い・゜・(ノД`)・゜・

 

副業しよ。。。

 

今月もメルカリで飲んでなかったウィスキーが売れました。

夜になると借金の恐怖が…

このブログを書いていると、無料ブログでもアクセス解析ができます。


といっても、簡単な日々のアクセス数とアクセスされた時間帯です。


最初のうちは、ブログを書いてはアクセス数を見て、少しずつ増えることに喜びを覚えていました。


そこで気づいたのですが、アクセスは夜になると伸びます。


やっぱり夜になると借金のことを考えてしまうからでしょうか。


また、支払日が多い20日や25日、月末もアクセスが増える傾向にあるみたいです。


みんは考えることは一緒なんですね

携帯代が6万円オーバー

今月の携帯代が6万円オーバーでした。

 

なぜかというと、au walletの簡単支払いを使って可能な枠5万円を全てFXにつぎ込んだからです。

f:id:superrecipe:20170422112410p:plain

もちろん、そのつぎ込んだ5万円は0になりました…

 

アホですな。

 

自分がアホなことにもっと早く気づいておけばよかったのですが、アホは死ぬまで治らないみたいです。

 

おかげでau walletは解約できました。

借金依存症

借金をもうしない自信はありますか?

 

ギャンブルをもうやらない自信はありますか?

 

この質問に対して、私は自信を持って「はい!」とは言えないのが正直なところです。

 

たぶん、ギャンブルをやっている人はみんなそうだと思います。

 

今日、明日は乗り切れても、ふとした時にギャンブル(私の場合はFX)をやりたい気持ちが顔を出します。

 

まるで麻薬のようなものです。

 

実際、ギャンブル依存症の人は、ギャンブルをしている時に、薬をやっている時と似たような脳内物質が出ているそうです。

(ググればたくさん出てくる)

 

 

私は、初めて借金がバレたときに、その依存度を測るために⚪︎×テストのようなものをしました。

 

結果ですが、ほとんど当てはまっており、ある意味感動したのを覚えています。

 

以下にそれを載せますので、皆さんもやってみて下さい。

 

7つ以上当てはまると、ギャンブル依存症らしいです。

 

(出展:ギャマノン 20の質問)

 

ギャンブルのために仕事や学業がおろそかになることがありましたか?

 

ギャンブルのために家庭が不幸になることがありましたか?

 

ギャンブルのために評判が悪くなることがありましたか?

 

ギャンブルをした後で自責の念を感じることがありましたか?

 

借金を払うためのお金を工面するためや、お金に困っているときに何とかしようとしてギャンブルをすることがありましたか?

 

ギャンブルのために意欲や能率が落ちることがありましたか?

 

負けた後で、すぐにまたやって、負けを取り戻さなければと思うことがありましたか?

 

勝った後で、すぐにまたやって、もっと勝ちたいという強い欲求を感じることがありましか?

 

一文無しになるまでギャンブルをすることがよくありましたか?

 

ギャンブルの資金を作るために借金をすることがありましたか?

 

ギャンブルの資金を作るために、自分や家族のものを売ることがありましたか?

 

正常な支払いのために「ギャンブルの元手」を使うのを渋ることがありましたか?

 

ギャンブルのために家族の幸せをかえりみないようになることがありましたか?

 

予定していたよりも長くギャンブルをしてしまうことがありましたか?

 

悩みやトラブルから逃げようとしてギャンブルをすることがありましたか?

 

ギャンブルの資金を工面するために法律に触れることをしたとか、しようと考えることがありましたか?

 

ギャンブルのために不眠になることがありましたか?

 

口論や失望や欲求不満のためにギャンブルをしたいという衝動にかられたことがありましたか?

 

良いことがあると2・3時間ギャンブルをして祝おうという欲求がおきることがありましたか?

 

ギャンブルが原因で自殺しようと考えることがありましたか?


私は16個当てはまりました。

 

完全なるギャンブル依存症です。

 

ギャンブル依存症は死ぬまで治らないらしいですが、克服しようと努力されている方もたくさんいます。

 

自分は、ギャンブルから克服したいと言う強い気持ちはまだありませんが、そう思わなければならないという気持ちはあります。

 

正直言って、自信がないのです。

 

そのため、自分自身の気持ちを文字に起こし、客観的にみられるようにとこのブログを始めました。

 

少なくとも借金の返済が終わるまではこのブログを続けたいし、続けなければならない。

 

そう思います。

 

決意表明

私は今年で31歳になります。


7月には二児の父になります。


それなのに借金をしています。総額515万


字面だけ追えば、かなりのダメダメ人間です。


しかも厄介なことに、私は表面だけ見ればいい人に見えるそうです。(妻曰く)


一応、仕事もしており、家庭でも、家事、掃除、炊事、育児を卒なくこなすものだから、借金がなければ、一般的に皆の思い描く平成のいいパパ像が当てはまると思います。


しかし、実際の中身はそうでもありません。


借金があり、しかもこれが3度目の出来事です。


一度なら兎も角、借金を3度目もやらかしているとなると、全く反省していないと言われても返す言葉がありません。


妻からしてみれば、私はただの不良債権であり、事故物件です。


それなのに離婚せずに、未だに結婚当時から変わらず愛してもらえることは、本当に感謝しなければならないことです。




さて、借金をこれから返していこうとなった際に、私は色々と考える節があります。


借金を返す方法もそうですが、それよりも考えるのは将来の自分や家族についてです。


10年後、20年後、自分達はどうなっているのだろうか。


妻の言葉を借りれば「普通の生活」はおくれているのだろうか。


世間一般に言う「普通」とは、


学生を卒業後、会社に就職し、結婚して、子供ができて、マイホームを買うとかでしょう。



私は今でもそうですか、どこか人生を楽観的に考えており、なんとかなる、死ななきゃ大丈夫、自分は人と違っていつかは成功する。



なんてことを思っています。


「普通」?


普通ってなんだ!人それぞれだろと。



でも、最近は本当にそうなのだろうか??

それでいいのだろうか??


と考え始めるようになりました。


これまで私は自分の人生のことばかり考えていたか気がします。


しかし、借金をしている不良債権の私を変わらず愛してくれている妻・子供がいる以上、まずは家族のことを第一に考えるように変えていかなければいけません。


散々裏切ってきたのだから、自分の幸せよりも家族の幸せを考えなければいけない。


と真面目に考えます。



最近は目標を失っています。


目標があれば人は努力できる。


人は自分で自分自身を奮い立たせて突き進んで行くのは難しいが、人から求められた時、その人の真価が発揮できるものだと思っています。


大切なものを失う前に、立ち止まって少し考えてみたいと思います。


マンションのグレードとその住民層

今回は借金ネタと少し違うネタのお話をしようと思います。


私は今、賃貸マンションに住んでいます。

月々の家賃は8万9000円です。


妻の実家が近く(隣の駅)にあり、義理のご両親がそこに住んでいます。


そのマンションは分譲マンションで20年近く前に売り出されたものですが、駅近&ここ最近の駅前再開発のため空室を賃貸すると、14万円くらいになります。


もちろん、家賃の違いは間取りと立地の違いにもよるところがありますが、義理のご両親の住んでいるマンションの方がグレードは高いです。


義理のご両親と仲良くさせてもらっていることもあり、頻繁にマンションに遊びに行くのですが、そこに住んでいる人達は、一階の共用スペース、玄関などですれ違うと必ず挨拶をしてくれます。


かたや、私の借りているマンションでは、玄関のエレベーターで出くわしても、挨拶されること、挨拶をしても返されることはあまりありません。


全員ではないですが、大半の人がいつもムッとしています。



そーいえば、他にも思い当たる節がありまして、当時、私の通っていた男子校の話になります。


私の通っていた男子高はお世辞にも偏差値の高い高校ではありませんでした。


山奥に隔離?された高校だったのですが、時折外部から来校者が訪れます。


ガラの悪い男子校だったこともあり、また珍しさもあり、生徒はよく来校者に対して、挨拶代わりにガンを飛ばしていました。笑


そのため、あまり評判のいい高校ではなかったのですが、私が高校を卒業する年になって、急に男子校から共学となり、それに伴い誰もが知る有名私大の附属校(推薦枠でその有名私大に行けるよう)になりました。


卒業してから、数年後、ふとした思い付きで、当時の担任やお世話になった先生に会いに行こうと高校を訪れたのですが、その時に当時からの変わりようにビックリした思い出があります。


かつては挨拶代わりにガンを飛ばしているような高校だったはずなのに、私が訪れたときには、ちょうど部活をしていた学生が、私を見つけるや否や、元気よく挨拶をしてきたのです。


当時の高校からは想像もできないような事だったので、面を喰らった私は小声でしか挨拶を返せませんでした。


あとで当時の担任にこの事について話を聞くと、ちょうど私が卒業して共学&有名私大の附属となった年から、大きく変わっていったそうです(偏差値もだいぶ上がりました)


ここからは、完全な私の偏見ですが、やはり所得とその人の人格(素養や教養)はある程度比例するものなのかなと思います。


私は借金をしており、更にはそれが3度目という事で、断じてカスな部類ですが、人格まで落ちると救いようのない人間になってしまいますので、他人の振り見て我が身を直せではないですが、身の回りにいる人(親族、会社の同僚など)にはしっかりとしていこうと反省する今日この頃です。

ゲスい商売

前回の記事では、このブログの読書について考える下りから、「日本の借金人口」について記述しました。


そこでわかったことは、日本で借金をしている人は思ったより多いということです。(小学生並みの感想…)



しかし、ここで話を終わらせては本当に小学生になってしまいます。


私は狡猾な大人なので、そこからゲスい商売を思いついてしまいました。


商売、それは需給と希少性の関係です。


みんなが欲しいものを売れば、買ってくれます。


そんなのわかっているとツッコミを受けそうですが、


では、あなたが今欲しいものを私が当ててみましょう。


なんでもいいので思い浮かべてみて下さい。


よいですか?





いきますよ?





それはズバリ、







『お金』です。


当たっているでしょう?


そんなの当たり前だ!と思われるかもしれませんが、このブログに来る人は、お金に困っている人です。


つまり、お金が欲しい人。


更に言えば、今すぐにでもお金が欲しい人です。


この時点で、需要が発生しています。


なんで、あとはその需要に対して供給するだけで、商売が成り立ちます。


ただ、このゲスい商売を始めるには、まだ現状の無料ブログでは無理で、PVが1万PV/日くらいになれば、現実味を帯びてきます。


それまでコツコツやるつもりです。